ホーム > 脳梗塞・心筋梗塞・動脈硬化

脳梗塞・心筋梗塞の予防、動脈硬化のリスクチェック(CAVI、LOXindex)

リスクを判定
動脈硬化は心筋梗塞や脳梗塞といった深刻な発症が起こるまで、ほとんど自覚症状がありません。そのため「沈黙の殺人者」と呼ばれることもあります。
そこで、それらのリスクを判定するために開発されたのが、「CAVI」「LOXindex」と呼ばれる検査です。
CAVI(キャビィ)検査
脳波と、両腕・両足首の血圧を5分程度測定するだけで、すぐに結果が出る簡単な検査です。
CAVI検査では、「動脈の硬さ」「動脈の詰まり」「血管年齢」を測定することができます。

■動脈のかたさ
動脈が血液を送り出す際の、圧力の変化を調べます。この値が高くなると、脳動脈、冠動脈に硬化症を発症するリスクが高いとされます。

■動脈の詰まり
腕と足首の血圧を比較します。通常、横たわった状態で血圧を測定すると、腕と足首の血圧は同じくらいか、少しだけ足首の方が高い値です。しかし足首の方が低いと、足の動脈が詰まっている可能性があります。またこの状態では、足に痛みがあることが多いとされます。

■血管年齢
同年齢、同性別の平均値と比較します。値が高いと、それだけ動脈硬化症の進行スピードが早いとされます。
LOX-index検査
動脈硬化は自覚症状がなく、また心筋梗塞や脳梗塞はガンと違ってある日突然発症する上に、自覚から発症までの時間が極端に短いという怖さがあります。
「ロクスインデックス検査」を使えば、血液中に動脈硬化を引き起こす原因物質(変性LDL、LOX-1)の増加が具体的にわかり、予防に向けて一歩を踏み出すことができます。

40才以上で、高血圧、脂質異常症、糖尿病などの疾患、将来の脳梗塞や心筋梗塞のリスクが気になる方、特にご家族の中に脳梗塞・心筋梗塞にかかった方がおられる場合には検査をおすすめしています。

動脈硬化の改善(狭心症・心筋梗塞)

「動脈硬化になるかもしれません」——当院はその先のソリューションを提示します。
ソリューション(解決策)を提示
CAVI検査、LOX-index検査によって血管の硬さを調べれば、あなたの「動脈硬化を起こすリスク」が明らかとなります。

この検査を実施している医院は数多くありますが、そのソリューション(解決策)を提示できる医院はそう多くありません。当院は、生活習慣の改善アドバイスといった「予防」にくわえ、キレーション療法やサプリメント療法といった「治療」を提供しています。
治療のためのキレーションとサプリメント
動脈硬化のリスクが境界域を超えている場合は、週1~2回のキレーション療法と、さらにサプリメント療法を併用することで硬化を緩和させることができます。
軽症であれば、およそ10回程度のキレーション実施で血管の硬さに変化が起こり、血圧降下剤を飲まなくても良くなった、という事例が多くあります。

医学論文においても、キレーション療法によって65人の患者のうち58人が冠動脈移植を回避、また27人中24人が四肢切断を回避したと発表されています。

ただし、お薬を何種類も服用していたり、既に一度心筋梗塞や脳梗塞を発症した方、また足の血管に血栓ができている方は、さらにキレーション療法を継続していただく必要があります。
予防のための「生活習慣の改善」のアドバイス
キレーション療法などで当面のリスクを回避しても、やはりその原因となっている生活習慣を改善しなければ、症状を繰り返えすことになります。
動脈硬化は加齢につれて発症するリスクが上がりますが、やはり大きな原因は糖尿病や高脂血症といった生活習慣病にあります。
そんな生活習慣病予防の基本は、日々の食事と運動の管理にあるといえるでしょう。
食事について気を付けるべき習慣
  • 腹八分目を心がけ、摂取する全体のカロリーをコントロールする。
  • コレステロールの摂取量を減らし、逆にコレステロールを吸収してくれる食物繊維は多く摂る。
  • 塩分(ナトリウム)を控え、逆にそれを排出してくれるカリウムを多く摂る。
  • 動脈硬化を抑制する栄養素を摂る(ベータカロテン、ビタミンE、不飽和脂肪酸など)
運動について気を付けるべき習慣
  • 適度な軽い運動を、定期的に行う。
  • 運動は、筋肉運動(無酸素運動)ではなく、ウォーキング、水中ウォーキング、水泳などの有酸素運動をおこなう。
  • 一回の運動は、最低でも30分以上と長めにおこなう。

新着情報

一覧を見る

2015/12/10

年末年始の診療のお知らせ

今年も大変お世話になりました.
年末年始の診療予定です

年末:12月30日 午前中まで
年始;1月6日より平常診療


よろしくお願い致します

アクセス



〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地1-3-16
京富ビル4F

お問い合わせ 詳しくはこちら